洗浄の種類

コンタクトレンズが汚れてしまったら、適切なケア方法を選択して汚れを取り除きましょう。付着した汚れをそのままにしておけば雑菌の温床になってしまうので、感染症対策にもつながります。この時、1日使い捨てタイプのコンタクトレンズは汚れを取ったとしても再利用するのは危険です。このコンタクトレンズは再利用を前提に作られているものではないので、汚れを落としたとしても感染症のリスクは高く、重い障害を引き起こす可能性があります。

コンタクトレンズのケアには「こすり洗い」と「つけおき洗浄」の主に2種類があります。後者のつけおき洗浄の場合、汚れを浮き上がらせることはできても、汚れを完全に落とすことはできません。そのため、こすり洗いは必須となります。これにより分泌物のような汚れを物理的に落とすことができます。こすり洗いは基本的に手のひらにレンズの内側を上にしておき、クリーナーを数滴落とします。そして、人差し指の指の腹をレンズの内側に当てて軽く押さえて前後左右に動かしながらレンズをこすります。反対側は手のひらでレンズを固定し、人差し指、中指親指の3本でCLを挟み込み、親指の腹でこするように洗浄します。

この手順はコンタクトレンズの種類によって多少異なる場合があるので自分のタイプと洗浄方法を確認しておいてください。