汚れには注意

眼は人間の視覚を担っている非常に重要な部位です。コンタクトレンズではその目にはめ込んで視力を改善することができます。そのためコンタクトレンズでは、汚れに対して細心の注意を払わなければなりせん。レンズに付着する汚れの種類には体の外から来る汚れと中から来る汚れの大きく分けて二種類があります。汚れの種類とそれぞれの特性を知っておくことによって、より効果的なレンズケアや洗浄液選択ができ、快適にコンタクトライフを送ることができます。

体の外から来る汚れには、汗、ホコリ、化粧品、タバコの煙、レンズに触れた際の指先の汚れなどがあります。また、カビや細菌のような「雑菌」には消毒が必要となります。体内から来る汚れには分泌物であるタンパク質、脂質、カルシウム、などの汚れは複雑に混じり合い涙を通じてコンタクトレンズの表裏両方に付着しています。特にソフトコンタクトレンズの場合は水分を多く含む素材でできているので、これらの汚れは付着しやすくなってしまいます。

また、雑菌などは繁殖してしまう恐れもあり、汚れをそのままにしておけば感染症などの重い目のトラブルへとつながる危険があります。コンタクトレンズのリスクはしっかりと把握しておきましょう。